日本酒に合うおつまみレシピ 日本酒に合うご当地食材

県内外にファン多数!新潟県特産の「かんずり」は日本酒とも相性抜群の調味料!アレンジレシピもご紹介!

日本酒と相性抜群の調味料「かんずりと日本酒に合う簡単おつまみ「かんずりソースの茄子カルパッチョ」

 

「かんずり」という調味料をご存知ですか?かんずりは新潟県妙高市に伝わる伝統調味料で、世界でも珍しい唐辛子の発酵食品と言われます。その辛みと甘みと旨みの絶妙な味わいは様々な料理をおいしくしてくれます。

そこで今回は、日本酒ともぜひ一緒に楽しんで欲しい調味料「かんずり」をご紹介します!

 

「かんずり」について

かんずり

「かんずり」は新潟県妙高市に昔から伝わる伝統的な調味料で、世界的に珍しい唐辛子の発酵食品です。

原材料は100%地元産の唐辛子、糀、柚子、食塩で、唐辛子を雪にさらした後、糀・柚子・塩と混合して最低三年間かけて発酵熟成させて作られています。真っ赤な色は辛味を想像させますが、辛みだけでなく旨みと甘みがあり、そのまま舐めてもおいしいです。

妙高市を含む上越地域では昔から冬になると各農家で「手前かんずり」が作られていたとのことで、妙高市といえば豪雪地帯ですが唐辛子に体を温める効果があることから、鍋物に入れたり、寒さしのぎに舐めたりしていたそうです。

寒い季節にピッタリの調味料のようですが、夏の暑い季節にも食欲をかきたててくれますし、味噌汁、納豆、ラーメン、ピザ、カレー…など、和洋中のジャンルを問わず、四季を通じていつもの料理にプラスして楽しめます。

ちなみに上越地域ではありませんが、新潟県出身の私(筆者)の実家でも子供の頃から食卓にいつもかんずりが置かれていたことを覚えています。そのくらい親しみのある調味料です。

スタンダードな「かんずり」の他に、「生かんずり」や「六年仕込みの吟醸生かんずり」や山菜やえのき茸などを漬け込んだ「かんずり漬け」、おつまみにぴったりの「酒盗」、さらにはかんずりを使った柿の種やチーズせんべいなどのスナックもあり、バラエティに富んでいます。それだけかんずりがいろいろなものと合う万能調味料ということなのでしょう。

 

かんずりの日本酒に合うおいしい食べ方や簡単レシピ

さまざまな料理をおいしくしてくれるかんずりは料理の名引き立て役です。

例えばいつもの納豆や焼き魚、焼き鳥、ステーキ、焼いた油揚げ、豆腐(湯豆腐でも冷奴でも)などにちょっとつけるだけで、定番料理もいつもと違った味わいが楽しめて日本酒にもよく合います。鍋料理のタレや刺身の醤油に加えるのもとてもおいしいです。かんずりはそのまま料理につけたり、調味料として料理に加えたり、色々な楽しみ方ができるのです。

そこで今回はかんずりを使って、日本酒に合う簡単おつまみ、「かんずりソースの茄子カルパッチョ」をご紹介します! 茄子1人1本もペロリ!野菜だけと侮れないおいしさです!

かんずりソースの茄子カルパッチョのレシピ・作り方

日本酒に合う簡単おつまみ「かんずりソースの茄子カルパッチョ」

材料(2人分)

かんずりソースの茄子カルパッチョの材料

なす 2本

かんずり 大さじ1/2程度

オリーブオイル 大さじ1程度

塩、チャイブなど お好みで適量

作り方

かんずりソースの茄子カルパッチョの作り方の手順1

1.茄子を4~5mm程度の厚さの斜め切りにしてお皿に並べる。ラップをして600wで3分加熱し、粗熱をとる。

かんずりソースの茄子カルパッチョの作り方の手順2

2.かんずりとオリーブオイルを混ぜ、1の茄子にかける。味をみて塩気が足りなければ塩を軽く振ってもいいです。また、お好みでチャイブや小ねぎを刻んで散らしてもいいです。

 

辛さ控え目にしたい場合はかんずりの量を減らして、塩で味を調えてもよいでしょう。

暑い夏は冷蔵庫で冷やしてもおいしいです。また、もうちょっとボリュームが欲しい!という場合は豚肉を茹でてのせて、冷しゃぶアレンジもおすすめです!

「かんずり」はちょい足しして色んな料理に使えます。新潟名物の栃尾のあぶらげとも合いますよ!

栃尾のあぶらげに刻んだねぎ、かつおぶし、醤油をかけたものと日本酒
栃尾名物「ジャンボあぶらげ」は日本酒のおつまみにぴったり!栃尾の油揚げのおいしい食べ方も紹介

新潟県長岡市栃尾の名物といえば「あぶらげ」です!いわゆる「油揚げ」ですが、栃尾の「あぶらげ」は通常の油揚げの約3倍というジャンボ油揚げなのです。 最近では県外のスーパーなどでも市販されているのを見かけ ...

続きを見る

 

かんずりに合わせたいおすすめのお酒

かんずりソースの茄子カルパッチョと日本酒

料理をぐっとおいしくしてれるかんずりを使った料理。まずはお好きなお酒と楽しんでみて欲しいです。毎日の普通のお酒がゴクゴクおいしく飲めちゃいます。

なすはあっさりしていますが、かんずりの旨み・辛みがしっかりあるのでお酒の味わいが楽しめる純米酒を合わせてもおいしいです。軽快な辛口も合いましたし、フレッシュな生酒はとろける茄子の食感やかんずりソースのコクやオイリーさをすっきりさせてくれて、こちらもおいしかったです。冷たい料理なので冷酒も合います。

とにかく色々なお酒で楽しめる料理と思いますので、ぜひお好きなお酒で楽しんでみてください。

迷ったらかんずりの生産地でもある新潟県のお酒をあわせてみてはいかがでしょう。さらにこだわるなら妙高市の酒蔵さんのものを合わせるのも楽しそうですね!

日本酒に合う簡単おつまみ「かんずりの焼きおにぎり」

おまけ。シメはかんずりの焼きおにぎりはいかがでしょう。

丸めた塩おにぎりを油を熱したフライパンで焼き、かんずりと醤油各小さじ1程度を混ぜて塗り、さっと表面を焼いて完成です。これまたとてもおいしく、シメのはずなのにまだまだ日本酒が飲めてしまうという…おいしい料理なのです。

 

まとめ

いつもの料理にちょっとつけたり、調味料として加えたり、色々な使い方で料理をおいしくしてくれるかんずり。かんずりをプラスした料理で日本酒を楽しむのもおすすめです!定番料理でも、オリジナル料理でも、かんずりを使った料理とお好みの日本酒をぜひ楽しんでみてください!

 

参考サイト:

http://kanzuri.com/

https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_466/

-日本酒に合うおつまみレシピ, 日本酒に合うご当地食材
-,

Copyright© ここち酔い , 2019 All Rights Reserved.